お知らせ

お問い合わせ

2022.02.18

はりが初めての患者様からよく受ける質問

Q1 鍼は痛くないですか。

鍼は最も細い注射針の穴に入ってしまうほどの細さで、直径0.16~0.2mmと髪の毛とほぼ同じです。

痛みを感じたとしても注射の10分の1程です。

Q2 鍼はどれくらい通院すれば治りますか。

ぎっくり腰や寝違えなど急に痛くなって数日以内に鍼治療を行えば1回から3回でほぼ完治します。

また、症状やその経過など問診やテストをして大丈夫だと思ったときは最初に「〇回で治 りますよ」とお伝えします。

これは難しいと思った時は3・4回治療をしてみて症状に変化が見られた場合は2・3ケ月通ってもらうこともあります。しかし、症状に変化がみられなかった場合は治療をやめます。

Q3 鍼とお灸とは効き目に違いはありますか。

東洋医学的にはさまざまな考えがあり鍼だけで治療する方や、お灸だけで治療する方がいます。

よって、西洋医学的な観点で研究され証明された事をお伝えします。

鍼治療は一般的に自律神経のうちの交感神経が過緊張状態によっておきた症状を抑制する効果があります。

お灸は副交感神経が過緊張状態によっておきた症状を抑制する効果があります。

交感神経の過緊張状態によっておこる症状とは、「腰などの痛み、首や肩のこり、めまい、吐き気、手足の冷え」など。これら症状には鍼治療が効果的です。

副交感神経の過緊張状態によっておこる症状とは、「ぜんそく、過敏性腸症候群、花粉症、アレルギー性鼻炎、じんましん」など。これら症状にはお灸治療が効果的です。

Q4 鍼の後にお酒を飲んでもいいですか。

大丈夫です!

鍼をしたことで全身の血行が良くなり臓腑の働きも良くなります。よって、お酒を飲むと非常に美味しくなるという人が多くいらっしゃいます。

しかし、それは少量の晩酌程度のことであり飲み過ぎればせっかくの治療効果が減弱する恐れがあります。治療後はお酒が美味しく感じますので飲みすぎは注意です。

なお、二日酔いには鍼治療は非常に効果があります。

カテゴリー : お知らせ  

関連記事

ご予約はこちらから

予約状況やご相談等もお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

電話受付平日9:00-19:30土日9:00-17:00

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話受付平日9:00-19:30土日9:00-17:00

メールでのお問い合わせ